カヤックするなら!

  • アイランドストリーム
         
    カヤックでお世話になっているアイランドストリームさん。 カヤックフィッシング始める時はまずカヤックの基本を教えてもらいましょう!
    安全第一ですね!!
フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

北海道カヤックトリップ&フィッシィングin阿寒湖 ④

阿寒湖カヤックフィッシング
2日目は午前中はの予報
雨にうたれてのカヤックフィッシングは冷えそうなので
ちょっと様子を見ていると


昼前には雨も上がり
          
ぼちぼちいきますか!
Img_2121

初日つかんだことは

どうもアメマスはルアーにじゃれつくようにアタックしながら追ってきている
                
じゃれるアタリが出たら巻くスピードを速くして逃げるエサを演出
          
そこでヒット!
もしくは次に止めたときにヒット!
           
・・・って感じです

スレてきたら
リフト&フォールや軽くルアーを跳ねさせ
リトリーブに移るとヒット!
・・・・みたいな


        
2日目のテーマは初日のポイント以外にも魚のたまる場所はないか調査&少しでもサイズのいいのを狙います
別に小さくても美しいアメマスが釣れるだけでもう幸せいっぱいなんですが
釣り人とは欲深いものです(^-^;

昨日のポイントではやはりライズしています
とりあえず景気づけに釣る!
カワイイアメマスをいくつか
模様がすごくきれいですねnote
 

Img_2173 

Img_2168 

Img_2128  

 
Img_2136


さらに2キロ程漕いだ流れ込み付近でも魚の気配がある!
ただ藻が濃くてルアーでは釣りにくい感じsweat01
藻のスキマを狙ってなんとか

 Img_2172
 
 
はじめのポイント方向に流しながら戻る・・・
カヤック近くまでルアーを群れで追ってくるのが見えましたよ
デカいの2匹ちっちゃいの3匹! が、猛チェイスsign03fishdash

           

う~ん
この状況が水中で続いてるならサイズ選べないかも
(のらのレベルでは)
いろんなサイズが同じところにいて、一緒になって追ってきてたら
どれが食いつくかわんないじゃん
・・・ってことで
「大きいルアーで釣り続けたらいつかデカいのが混じるやろう」
作戦で
  
              
13g以上の大きめスプーンを中心にルアーローテ
するとやっぱりナイスサイズが混じってくれる!
 
Img_2152
Img_2157 

めっちゃ楽しいな!
正直こんなに釣れる展開は予想していなかったです
    
  
ただ投げてれば釣れる感じではなくて

自分なりにルアー動かして
「今だっ」と作った「間」にきちんと答えが返って来る!
これが最高にワクワクしますね~
          
           
結局2日間で数え切れない程のアメマス達が遊んでくれました
それもこれもフィッシングランド阿寒湖さんや
出会った釣り人さん達にいろいろアドバイスいただけたから
  
初めから一人で手探りでやってたらアメマスに出会えたかどうか
 
ほんと、みなさんに感謝です


P.S.
この日の夕食はまたラーメンで
弟子屈(てしかが)の方へ往復100kmで食べに行ってきましたよ!
      
Img_2180       
    
これがまためっちゃ美味しい
  
  
   
ではでは!
あと少しつづく(予定happy01

2011年10月21日 (金)

北海道カヤックトリップ&フィッシィングin阿寒湖 ③

阿寒湖でのカヤックフィッシングは実釣3日間を予定していましたが
            
風が強くて、うち1日はカヤック断念しました
             
頑張ればカヤック出せない程の風ではなかったですが
気候も全く知らないフィールドですし
無理してもきっと楽しくないだろう、ということで
                 
                
朝はロッジのテラスからのんびり朝食&コーヒーでくつろぐ
            
Img_2117         
ここは晴れるとこんな景色
 
Img_2229                                   
今日は釣り以外で北海道の自然を楽しもう!
            
      
                             
海へドライブに・・・
レンタカーはヴィッツです
          
Img_2233              
もう北海道の車はスタッドレスなんですね
                                   
               
オホーツク海(写真は網走周辺)
           
Img_2188
                  
今はアキアジ(シャケ)が釣れる時期で海辺は釣り人でごった返しています

北海道の釣具店にも立ち寄る
    
Img_2111
見たこともない仕掛けばかり
シャケはウキルアー仕掛けで狙うらしく…
中通しのデカいウキの下に巨大スプーンが付いて
さらにタコベイトに魚の切り身とかエサを付けて投げるらしい
もはやルアー釣りなのか(笑)?
                  
スプーン用フックを購入
なかなか大阪の釣具屋には10gこえるような
スプーンやそれに合ったフックも置いてないので助かります
旅先の釣具屋訪問も楽しいもんですね~
                
                
              
こちらは屈斜路(クッシャロ)湖と周辺の道
           
Img_2191           
Img_2201           
Img_2196
              
屈斜路湖もトラウトフィッシィングが盛んなようで(ヒメマスとか)
いつかまたチャレンジしてみたいですね
この日は強風で大荒れでした
          
              
夕方は、阿寒湖周辺の森を散策note
(クマには注意!!)
        
Img_2224
                
ふだん山歩きとかほとんどしないですが、歩いてみると気持ちいい
湖の上は風ボーボーでも、森の中はとっても静かで落ち着くmaple
カヤック漕ぐのと同じような爽快感を感じましたよ
森林浴ってゆーやつですねっ
                          
紅葉と阿寒湖のコラボ風景
              
Img_2208
         
Img_2214            
Img_2211          
シダ系とコケた感じがシブい
         
Img_2225           
ふわふわ落ち葉のみち
              
Img_2206         
山もいいですなぁfuji
          
            
夕方の温泉街
            
Img_2068
      
               
                           
P.S.
       
今回カヤックアメマス釣りでの使用タックルを紹介
              
Img_2178         
Img_2175          
            
ロッド   シマノ トラウトワンスペシャル 76L
リール   ダイワ セルテート2506
ライン   ラパラ RAPINOVA-X MULTIGAME 0.6号
リーダ   デュエル エギングリーダー 8lb
                      
ヒットルアーは・・・
   
(ど定番のスプーン)
スミス   HeavenPURE  5~13g
ダイワ  クルセイダーチヌーク  7g~10g
     
PURE クルセイダーはシャローエリアやスローリトリーブ用
Heaven チヌークはディープエリア、ファーストリトリーブ用といった感じ     
                   
(他、プラグなど)
レイジー、にょろにょろ、想流シャッド、Dコンタクトなど
          
Img_2114             
Img_2113
                    
シンキングペンシルはマス達にも効果絶大
              
でも、やはりトラウトフィッシング、リアル系なルアーより
ただの金属塊なスプーンを自在に操ってヒットに持ち込むのが楽しいshine
               
                   
ではではsign03
         
阿寒湖カヤックアメマス 2日目はどうなるかな?
      
アデマスfish (マネしてみたw わかるかな?)
              
      
つづく・・・
                
                
 

2011年10月19日 (水)

北海道カヤックトリップ&フィッシィングin阿寒湖 ②

さぁいよいよ阿寒湖カヤックフィッシングですよ

無事カヤックはロッジに届いていたようで!
Img_2204
早朝5時から準備

寒い…めっちゃ寒い…  気温5℃

Img_2076

ウェア的には上下ウェットスーツ着てさらに中間着+レインウェアでいってみました
カヤックフィッシングの服装って難しいですよね
寒いからと着込むと漕いでたら暑いし

暑いからと薄着すると釣ってるとき寒いし・・・


カヤック組み立てます
1人しかいないので
周りをキョロキョロ見ながら

なんせ
こういう状況ですからねっ↓

Img_2069
最近よく出てるから気を付けてってロッジのスタッフさんも言ってたな・・・

なんて思ってたら

うわ出たーっ!

Img_2226
なんてね( ̄▽ ̄)

冗談はおいといて・・・
(マジ熊いるから笑いごとではないっすけど)


さて

フレーム組んで
Img_2073
船体布かぶせて

Img_2074
さぁいこか~!
と・・・思っても霧が濃いwobbly

Img_2075
何にも見えませんsweat01知らぬフィールドで視界の悪い中を漕ぎ出すのは危険と判断、しばらく仮眠です(もちクルマの中でね)

8時頃、霧が晴れてきましたよsun
幻想的な風景の中、出艇note

Img_2077
こんな神秘的なフィールドでカヤック漕げるだけでもhappyちゃんですよ

Img_2079

Img_2081

水温14℃

Img_2120

教わったとおりにインレットまわりを入念に攻める

表層からボトムまで丁寧に探る、ルアーをいろいろ変える・・

いかにも釣れそうな雰囲気ですが、無反応

次のインレット・・・ダメかΣ( ̄ロ ̄lll)

ちょっと沖を攻めても・・・ダメかΣ( ̄ロ ̄lll)

これはやばいなぁcrying
魚のいるポイントもレンジもどんなアタリがくるのかもわからない
集中力が保てません(´・ω・`)

そや!ちょっと遠いけど昨日の釣り人さんに聞いたポイントいってみるかflair



移動っsign03
Img_2163


ポイントについてしばらくするとポツポツとライズ
なにやら水面の小さな虫か小魚かを食べているようです
虫追ってたらルアーに食うかわかんないですが
とりあえずシンペン(レイジー)をキャストし水面を引いてみます




・・・コツコツっ・・・



おっ アタったnote
でも乗らないdown
                 
               
              
                
7gのスプーンにチェンジ

               
ん~・・・
 

              
             
ココッ、コンっ…


             
おっ!?


                 
                 
             
                
ジーーーっ!!(ドラグ音)

のった~!!
               
              
よく引くsweat01
        
バレるなよ~慎重に、慎重に・・・heart02
           
              
               
            
              
             
よっしゃー!!!
                
             
             
ついに憧れの魚に出逢えました!!
キミに会いたくて
大阪から飛行機でわざわざ来たんだよ~
Img_2106_2 

アメマス

(北海道や東北を中心に生息するイワナの仲間です、
なかでも阿寒湖のアメマスは体色が金色になる個体がいることで有名)


感激でカメラ持つ手が震える(笑)

黄金色に白い斑点
なんと美しいcrying
「阿寒湖の金アメ」と呼ばれるのも納得ですね
この子を釣りたかったんですよ!
リリースした後もしばらく震えが(≧∇≦)
               
このポイントだけ魚が集まっているようです
インレットのある湾の出口のカケアガリでエサがたくさんあるようで
                 
                  
このあともアタリまくるけど乗らない感じが続きましたが
あるパターンでルアーを動かすと連続ヒットに持ち込めましたよ
Img_2102_2 

Img_2104_2
Img_2142_3 

and more・・・
いやぁ~
初日からほんとに楽しかったsign03
           
阿寒湖カヤックフィッシング最高っ!
          
         
         
           
P.S.
                             
この日の夕食はロッジから往復140キロ走ってsweat01
釧路の市場までいってきました
               
いくら丼
Img_2110

うまかった~
でも尿酸値ヤバいですね(焦)

アメマスげっとの祝杯で!!

ではでは~!!

Happy カヤックあめますで!!

まだまだ続く・・・

2011年10月17日 (月)

北海道カヤックトリップ&フィッシィングin阿寒湖 ①

フォールディング(折りたたみ)カヤックでの
久々のカヤックトリップ
                  
               
今回は釣りもしますよsign03
                     
行き先は・・・
                   
ココだっsign01

Photo_2 
北海道clover マリモで有名な阿寒湖
                                                  
一度はチャレンジしてみたいと思っていた・・・
のら憧れの魚を狙いますよfish
                                           

今回カヤックは背負って行かずに
事前に宿に送って現地で受け取るスタイルにしてみます
カヤック本体とウェアや装備類をバッグに詰めて…
クロネコさんに運んでおいてもらいました

Img_2029

パドルはパドルケースに入れて自分で持っていきます

ロッドも一緒にねscissors

Img_2042

では関空から千歳へ出発~
(B737-800)

Img_2049

この秋、国内線就航の
B787ドリームライナーの絵ハガキもらっちゃいましたup
はやく乗ってみたいhappy02

Img_2242

この時期は釧路直行便がないのでdown
千歳からレンタカーrvcar
                  
北海道感が気持ちいいぞup

Img_2186
紅葉真っ盛りmaplemapleでめっちゃキレイですね
Img_2109
Img_2200
sign03
Img_2059

ちょいちょい寄り道しながら5時間くらいで阿寒湖へたどり着きました

今回お世話になるロッジはまさに阿寒湖が目の前です、絶景sign03
「よろしくおねがいしま~すcat
Img_2066
夕食まで時間あるので湖畔の散策&情報収集します
まず立ち寄ったのは「フィッシングランド阿寒」さん

Img_2118

阿寒湖で釣りするには遊漁券が必要です
カヤック持ち込みで2000円なり

Img_2202

ついでにポイント情報を教えてもらいました
遡上の時期なので
基本はインレット(川の流れ込み)の周囲を攻めるのがいいらしい
基礎知識の全くない釣りなので…めっちゃ助かる
ついでにカヤック下ろす場所も下見しておこうclover

                    
                
そこで・・・
                 
第一釣り人発見sign03
Img_2071

北海道の方で、阿寒湖にはよく来られるそうで

ポイントなど、いろいろ質問させてもらいましたcoldsweats01

シリコマの流れ込み?、キナチャウシの湾?、ヤイタイ島??
アイヌ語?? ややこしい地名がいっぱいcoldsweats01必死でメモしますsweat01
でも、かなり有力情報をいただけちゃいましたよnote

岸からはアクセスできないポイントで
魚がいっぱい跳ねてるのを見たからぜひカヤックで狙ってみて下さいとfish

地元の方々のアドバイスで
なんとなく釣れる気がしてきたnote
さぁどうなるかな?
                         
                    
ロッジに戻り、北海道ローカルニュース番組見ながら翌日からの
カヤックフィッシングにむけて準備
まさに宿泊してる町でヒグマが出たらしい、しかも町中に・・・
こわ~weep
                                        
                                   
阿寒湖の遊漁規則ではフックはシングルフックのバーブレスと決まっているので、持ってきたルアーやスプーンのフックを付け替えカエシを潰します

Img_2072

いや~っupわくわくしますねhappy02

                   
つづく・・・           
P.S.
                 
とりあえず北海道きたらラーメンnoodle
Img_2052
ではでは~

2011年10月 8日 (土)

不死鳥という名の

何回か乗ってみてだいたいわかってきたので

Img_1966

Img_2014

フェニックス120のインプレッションをcatface

                         

購入検討中の方に参考になればhappy01

                                

ハリケーンカヤックスさんのシットオンカヤックであるフェニックスシリーズには

120(344cm)12フィート  17kg
130(399cm)13フィート  20.8kg
140(424cm)14フィート  23.5kg
160(484cm)16フィート  28kg

の4種類がラインナップされています

                           

各メーカーさんから12フィート艇がでていますが
意外と同じ12ftといえども全長にはメーカーでバラつきがあるようで

ターポン120    全長366cm 32kg
ステルス12    全長376cm 25kg

フェニックス120  全長344cm 17kg

なかでもフェニックスは最も小柄です
スペックを見るだけで小回りが利きそうな感じがしますねnote

のらはすでにターポンの140(約32kg)を持っているので、
究極まで軽いカヤックをsign01より手軽にカヤックを楽しもうsign03
ってことで120を選びました

少しでも荒れた日や、シイラやジギングで沖へ出るのならもちろんターポン140に乗りますし、ちょこっと湾内でエギングや、手軽にバス釣りするならフェニックスの「軽さ」はかなりアドバンテージですよ!

                         

                                   

フェニックス、特筆すべきはもちろん、その「軽さ」ですよね

120艇の17kgという軽さは、
カヤックを担いで、背負って走れるくらいyacht

今まで、「ちょっとカヤック出したらめっちゃ釣れるやろな~」
「でも、わざわざ重たいターポン(32kg)降ろすのもしんどいな~」

と、ためらっていたところも、サクッとカヤック出してささっと釣ってパッと帰れます

                                         

                                           

あと、車載時の燃費が、ターポン140では通常の2km/Lマイナスくらい悪くなりますが、フェニックス120だと1km/Lも悪化しない感じです

カヤックのカートップ(車載)も、フィールダーでこんな感じ

Img_2012

Img_2013 かわいらしくおさまってますなgood

                                    

                               

漕ぐスピードは・・・

フェニックスは艇が軽いということで、加速がめちゃめちゃ速いsign03

漕ぎ出したら一瞬でトップスピードにもっていけますnote

              

                                                         

ただ最高速度と、
高速を維持する楽さではやはりターポン140が勝つかなぁ・・・

マリオカートで言うと
キノピオやヨッシー(フェニックス120)と、
クッパやドンキー(ターポン140)といった感じかなdash
わかるヒトにはめっちゃわかりやすい例えですよねcoldsweats01

フェニックス120は加速が超速いものの
ある程度スピードが乗ってくると水を左右に逃がし切れず前に跳ね返すような感覚があってパワーをロスしてる印象が・・・(それでもじゅうぶん速いけど)

                                     
下写真の丸の部分がターポン(左)だと窪んで細くなっていて、
フェニックス(右)ではプクっと膨らんでいる・・・

Img_2003_2 
この形も影響しているのか、、
フェニックス漕いでいて「バフ」っと水を受ける感じはターポンでは感じず、すっと水を切り分けていく感じです(ただ単に艇の長さからくるものかもしれない・・)

                                           

                                         

フェニックス120は、回転性も良くて、ちょっと傾けて大きく漕ぐと、ひと掻きで180度ターンも可能です

                                     

艇が軽いぶん、風にも流されやすいですね
風が吹くと、木の葉のようにすぅ~っと流されますcoldsweats02
魚にも、めっちゃ引っ張り回されちゃいますよsmile

                                

                                    

Trylonという素材で、なんだかツルツルして美しい(キズが気になる)

Img_2004
意外と衝撃には強そうな感じで、FRPほど気を遣うこともなく・・・
ただ薄く軽く作られているので、尖った貝や岩でえぐる様なダメージを繰り返すとヤバそうかも

                             

                                   

バウ側(前方)にハッチがひとつ

Img_2005_2 Img_2006_2
(大きいサイズのフェニックスにはスターン側(後方)にもハッチが付き、径も大きい)
120は小さめのハッチなのでカヤックカートは折りたたんでも入らない・・・
まぁカートなくても担いで水辺まで運べちゃうのでOK

                                      

                                    

座るところは、結構深めにまるっと凹んでいて快適
別売りシートも装着しなくても案外疲れなかったです

Img_2007

ラゲッジスペースも120艇の割にはそこそこ大きくて、ダイワの22Lクラスのクーラーも余裕で乗っちゃいます

Img_2008

Img_2017_2   

標準装備のロッドホルダーが・・・・
結構外向きに付いているんですね~down
ロッドを立てるには問題なし ですが、のらはここによくランディングネットをさして使います・・・
すると、漕いだときパドルがあたるんですねー・・
残念(ターポンではあたらなかった)
自分で付け直すほどでもないのでとりあえずこのまま使いますが・・

Img_2011

                               

                                      

船底が薄いためか、
魚探の振動子をタフグリップ付けした時の感度もなかなかいい感じですImg_2015

ボトムの形はこんなんで・・・ つるつるムキタマゴ的なhappy01

Img_2010
スカッパーホールが2個、貫通であいています
(120以外のフェニックスでは3つのホールがパイプでまとめられてボトムの1つのホールから排水という形になるようです)

                                       

                                    

                               

まー、いろいろと書きましたが

フェニックス120

Img_2018

見た目もカッコいいし
めっちゃ軽くて、カヤックフィッシィングが身近に感じられる
いいカヤックですよsign03

                               

ではではcat

2011年10月 1日 (土)

パドルケース

を買ってみましたよsign01

Img_2025

shineシールズ カヤックパドルバッグshine

Img_2026

のら愛用のパドルは230㎝の2ピース

2本分を収納、簡単に傷つけず持ち運びできますwink

Img_2023

フォールディング(折りたたみ)カヤックで旅する時はパドルの扱いになかなか困ることが多いのですが、これでスマートに持っていけそうですねgood

                          

実は竿も一緒に入れられるとゆ~ 余裕ありup

Img_2024

1万円くらいしましたけどねΣ( ̄ロ ̄lll)

まあカヤック旅用に収納性に優れた4ピースパドルで
メインパドル、スペアパドルと2本買うよりは安上がり、さらにロッドケースにもなるならまあ価値ありかなといった感じですねhappy01

                            

                            

ではでは!

久々にファルトでのカヤックトリップでも行っちゃいましょうか!

懐かしい、小豆島一周トリップの記事はこちら↓
http://kayaktu-ringu.cocolog-nifty.com/blog/cat22496164/index.html

このときもパドル、突き出しちゃってますね(笑)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

夏!!

カヤック、釣りの仲間たち

.

ボートもアリ!